2018年

11月

13日

遠野の石

世界有数の高波動石「遠野の石」、様々なエネルギーが科学的に測定されている特殊な石です。脳波測定ではアルファー波の出現率が6割程度上昇した検査データもあります。

https://www.mu-shop.net/hpgen/HPB/categories/9404.html

 

当店では最も人気の高いパワーストーンですが、プレートタイプのものが長らく欠品しておりました。値段は据え置きで、石の重さが80グラムから100グラムに増量され本日再入荷しました。携帯したり、枕の下に敷いたり、お風呂に入れるとお湯の波動が微細に変化するので色々と活用できるエネルギー石です。詳しくは以下のページをご覧ください。

https://www.mu-shop.net/SHOP/7778.html

 

2018年

11月

03日

分杭峠

今年7月の集中豪雨で長野県分杭峠の水場全体が崩落しました。ここはゼロ磁場で知られる世界屈指のパワースポットです。今回の崩落で気場といわれているエネルギー場の状況が一変したとのことで、有志数名で行ってきました。

 

付近一帯の空には写真の通り龍雲が出現し、他にも神秘的な雲が数多く撮影されました。昨秋以来1年ぶりの訪問となったのですが、水場付近では参加者全員が全身にしびれを感じるほどの強いエネルギーを体感することができました。下の写真のように高次エネルギーが写り込むほど付近の次元は上昇し異空間となっていました。

 

異次元のエネルギーを浴びたことで、今後どのような自己変容が起こるのか期待したいところですが来春も訪れる予定です。

2018年

10月

11日

三峰神社の御眷属拝借

三峰神社に昨日参拝してきましたが、今回は本当に酷い神事でした。
秩父にある三峰神社は関東有数のパワースポットでもあります。当店ではお客様の評価が最も高い神社ということもあって、店内には御眷属拝借の御神札が昨年から祀られています。

 

この御眷属拝借の御神札は一年ごとに更新する必要があるため今回の参拝となりました。
ここで神職が祝詞をあげる御祈祷を本殿で受けたのですが、神事とは言えないものでした。
幼児を連れた家族が二組いて行事の最中、泣き叫んだり暴れたりする中で神事が平然と執り行われたからです。


伊勢神宮や出雲大社をはじめ、様々な神社の祈祷を過去数十回と受けさせていただきましたが、子供が泣き叫ぶ神事などあり得ません。

行事終了後、参加者の一部から抗議の声が上がり社務所は騒然となりましたが、行事を執り行った神職は謝罪するどころか七五三が行えなくなると弁解していました。
七五三のような子供の神事ならともかく、今回は一般向けなので論外の弁解です。

 

このようなエセ神事で授かった御神札を店内に祀るわけにはいかず、丸一日の時間と交通費、祈祷代が無駄になりました。神社参拝には一定の作法が要求されますが、観光地化した神社では御神前であっても無作法が許されるということです。

2018年

9月

23日

今年も入荷しました。ホーリーバジル

ホーリーバジル(トゥルシー)は、インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダにおいて古くから神の化身とたたえられる聖なるハーブです。

※トゥルシー(サンスクリット語で比類なきものという意味)

 

北限は福島なのですが、能力者の方が栽培されているだけあって北海道産となっています。北海道胆振東部地震の直前に収穫されました。インド産のものより上質かつ甘い香りがします。

 

浄化力が高く周囲200メートルの魔を祓い磁場を整えるほどの電気的エネルギーを持つと言われています。玄関やお部屋、枕元など身のまわりにおいてください。

きっと心身が清められることでしょう。

 

インドでは次のように言われています。
「玄関にトゥルシーをかまえる家は聖地なり、死神の使者はかように家に入ること叶わず風はトゥルシーの香りを運びて、辺りを浄化す。」

1,000円(約10グラム)
1,000円(約10グラム)

2018年

9月

13日

マチュピチュ

冬至(北半球では夏至)に行われるインカ帝国最大の宗教儀式インティ・ライミ(太陽の祭)。この儀式に合わせてマチュピチュを訪れ、最もパワーの強い「太陽の神殿」前でインカ産の石にパワーを封入しました。

パワー封入の際に「太陽の神殿」を撮影したところ、色とりどりのエネルギー体や白い発光体が写り込んでいました。能力者の鑑定によればこの神殿は宇宙とのエネルギーポイントとして建造され、建造当初の降臨エネルギーが写り込んでいるとのことです。このエネルギーを宿した石は個人的なミラクルを引き起こすような霊的進化のためのサポートとなります。

2018年

8月

26日

日月祭祀塩

本誌でもお馴染みの鮑義忠師が平成26年7月に当店の開店祝儀を執り行いました。
この儀式では幾柱もの神々、龍神族、聖獣・聖霊らがお見えになったとムー2014年9月号の記事には記されています。実はこの際「盛り塩を絶やさないように」というメッセージも受け取りました。以来、休店日を除いて入口には盛り塩をしています。

 

  • 塩は邪気を吸うと固まる性質があるためサラサラの天然海水塩が最適。
  • 浄化力に優れた店頭のヒマラヤ岩塩は夏場の高温で溶けてしまった。
  • 食塩(塩化ナトリウム)はサラサラしていますが人工的に調整されているため浄化力が期待できない。
  • 市販の天然海水塩は水気を含んでいるものが多く、盛り塩や携帯するにはベトベトしていて不向き。

 

日本各地の天然塩を取り寄せようやく見つけたのが瀬戸内海に古くから伝わる祭祀用の天然海水塩です。天日と月光の下で干された希少な浄化塩です。
サラサラしているので、盛りやすく邪気除けに携帯する場合も袋に入れやすいです。

 

330グラム単位での頒布となりますが、携帯用のチャック袋5枚も付けています。
また、塩盛り固め器や盛り皿も別途用意しました。塩は最長でも1週間で交換します。

2018年

8月

16日

魔除け効果絶大のクロス

「悪魔祓い、聖なる儀式」というドキュメンタリー映画が昨秋、日本でも公開されました。なんとこの映画では1200年も続く秘儀「悪魔祓いの儀式」が世界初公開されています。第73回ヴェネチア国際映画祭で最優秀作品賞を受賞していますが、実際に悪魔祓いを行う司祭たちからは見世物ではないとの批判を受けヴァチカンが騒然となった映画です。
公式サイト http://www.cetera.co.jp/liberami/

 

悪魔(悪霊)に憑依された信者が床にのたうち回り、悪魔の言葉で神を冒涜するシーンはかなり衝撃的です。エクソシストである神父やその助手がもがき苦しむ信者の頭部にクロスをあてて悪魔を追い出す場面が登場します。下の写真は実際の悪魔祓いの儀式でも使われている教会の公式クロスです。日本人巡礼者が8月6日にミラノ大聖堂で入手しました。

 

能力者の方が手に持つと一瞬で全身が浄化されたと仰っていました。

本物のパワーに満ち溢れた逸品です。(一部売約済み)

 

右上はミラノ大聖堂の黄金マリア像
右上はミラノ大聖堂の黄金マリア像

2018年

2月

15日

3トンの漏水

2月13日の閉店後に給湯室から漏水がありました。下の階からの早期通報とビル管理会社の迅速な対応で止まったものの、水道メーターを確認すると3トン(3か月分の使用量)もの漏水であったことが判明しました。

 

右下の写真では給湯室の床が水浸しになっていますが、不思議なことに掛け軸の一部が写っている売り場にはまったく水が流れていなかったそうです。床のモールで仕切ってはいるものの担当者は首をかしげていました。

 

当店を訪れた数々の能力者が、特異空間であることを指摘していますが、今回の事故で目の当たりにしました。

2018年

2月

09日

ムーロングTシャツ

通年着れるロングTシャツが新発売されました。3年ぶりの新作です。
ステリーアイコン満載のモノクログラフィックが両面にプリントされています。

着丈: S 65センチ/ M 69センチ/ L 73センチ/ XL 77センチ

身幅: S 49センチ/ M 52センチ/ L 55センチ/ XL 58センチ
袖丈: S 60センチ/ M 62センチ/ L 63センチ/ XL 64センチ

 

素材: コットン100%

価格:6660円+税

 

販売ページ

http://www.mu-shop.net/SHOP/4862.html

 

※数量限定につき売り切れの際はご容赦ください。

2018年

1月

02日

ヒマラヤの謎石

新年明けましておめでとうございます。

 

ヒマラヤ山脈の中で世界第2位の高さを誇るK2峰(8611m)
エベレストよりも登頂が困難とされています。

近年、このK2峰で花崗岩に青い水玉が混ざった極少の石が発見されました。
青の正体は古代エジプトで祈祷の際に用いられた宝石「アズライト」です。


なぜこのような石がヒマラヤの最高峰だけで産出されたのかは鉱物学的にも謎ですが、著名な天然石研究家のロバートシモンズ氏によれば最強のヒーリングストーンで第三の眼やクラウンチャクラの活性化に驚くべき効果を発揮するとのことです。

 

今回、10ミリの丸珠ブレスレットを限定3個で頒布させていただきます。

2017年

12月

22日

冬至のピラミッドパワー

2013年12月21日冬至の瞬間に撮影されたクフ王のピラミッド。数日前のカイロは100年ぶりの降雪で、ピラミッドに雪が積もる前代未聞の事態となりました。ピラミッドのエネルギーシフトを捉えた画像記録ともいえるでしょう。

 

ムー2014年4月号に掲載され、大変希少なエネルギー写真でもあります。この写真の周辺は1000万の写真画素から放射されるピラミッドパワーで満たされます。

 

詳しい説明はこちらのページです。

 

2017年

12月

11日

ルルドの特異日に撮影された、奇跡の写真

奇跡を求めて年間600万人が訪れるヨーロッパ最強のパワースポット「ルルド」

カトリック最大の巡礼地です。
2011年12月22日冬至の夜明けに撮影されたこの写真は時空の切れ目から慈愛の光が差し込む奇跡の波動写真として知られています。
この写真を飾るだけでお部屋が奇跡の波動で満たされるとされています。

 

詳しい説明はこちらのページです。

 

2017年

11月

28日

ファティマの土入りミニ・ロザリオ

前回に引き続き、ファティマ100周年を記念した聖品のご紹介です。

このミニ・ロザリオには、なんとファティマの土が封入されています。

ロザリオ中央のメダル裏面に茶色の部分がありますが、ポルトガル語で「ファティマの土」と刻印されています。チャーム型になっているため、バッグ等につけることもできます。

 

現地でも数少ない聖品のため8個を特別頒布させていただきます。

ファティマ大聖堂 謹製 全長約14センチ

 

2017年

11月

19日

ファティマ100周年

ポルトガルにあるカトリックの聖地ファティマ。1917年に聖母マリアが降臨し、ファティマ大預言を残したことで知られます。ムー本誌では2016年12月号と2017年9月号の総力特集となりました。今年100周年を迎えローマ法王フランシスコが巡礼されました。

 

11月初旬に当店スタッフが巡礼し、大変貴重な100周年の記念品を持ち帰りましたので特別頒布させていただきます。数に限りがあるため品切れの際はご容赦ください。

 

2017年

11月

16日

透明の母船型UFO出現か?

下の写真は11月3日午前11時頃、東京都大田区蒲田で撮影された写真。

ドライバーが運転中に見つけて撮ったもの。

 

母船自体は透明か別次元に存在しているので見えないのかもしれません。

自然現象にしては不自然な形状をしています。

2017年

9月

23日

ルルドの泉の聖水ボトル

奇跡を求めて年間600万人が訪れるヨーロッパ最大のパワースポット「ルルドの泉」。カトリック最大の巡礼地ですが、仏教徒のボランティアが存在するほど広く開かれています。ルルドはフランス南西部の小さな町で、スペインとの国境にあるピレネー山脈の麓にあります。

 

1858年2月11日、村の少女ベルナデッタ(聖ベルナデッタ)がマッサビエルの洞窟のそばで薪拾いをしているときに聖母マリアが出現しました。聖母の指示で洞窟の地面を掘ったところ泉が湧き出し「ルルドの泉」となったのです。


その際、20年間白内障を患うルイ・ブリエットが、泉の水で目を洗ったところ即座に完治し視力が回復したことが、奇跡のはじまりです。

1903年、後にノーベル医学賞を受賞したカレル博士は、結核性腹膜炎で瀕死の状態にあった患者のマリ・フェランが、目前で数滴のルルドの泉の水によって即座に完治したことを学会で発表しました。この発表がきっかけで「ルルドの泉」は世界中に知れ渡ることになります。


ルルドには医療局が存在し「医学的に説明不可能な治癒」とされる約2500件のカルテが保存されています。

 

「ルルドの泉」はピレネー山脈に降った雨がおよそ350年の歳月を経て地下水として湧き出したもので、ゲルマニウムと活性水素を多く含んだ無味無臭の軟水です。

 

ルルドの泉の奇跡の波動はご自身の波動を上げ、潜在力を引き出します。潜在力が表に出ることで、努力を要することなく思考を現実化する能力、つまり夢を叶える能力が向上するのです。

 

2017年

8月

08日

曼荼羅アート

曼荼羅アート作家、華曼荼羅(はなまんだら)氏の点描曼荼羅を展示販売しています。

テーマは「干支」

これらの作品は自動書記によって描かれているため、同じ作品は二度と描けないそうです。

実物は写真以上の美しさで、見るだけ不思議な力をいただける作品です。

 

38,880円(税込)

作家プロフィール

華曼荼羅(はなまんだら): 東京都中央区在住。生死の境をさまよう大病を経て、平成28年10月に月読尊が夢枕に立つ。「天命天職を全うせよ。命尽きたとき待っておるぞ。」との啓示を受け、光の珠をハートチャクラに授かる。
以後、自動書記による曼荼羅を描きはじめる。精緻かつ不思議な力を発する曼荼羅画が評判となり、人々からの依頼も多く精力的に創作活動を行っている。

 

作家コメント

 

点描梵字曼陀羅について

 

線ではなく、点で描く曼陀羅。
この意味は、「点」を「天」としての表現で描く。
一点一点に想いを込めて、私の祈り、エネルギーを込め
描いております。

曼陀羅のデザインや、配色はは、その時の「感覚」、インスピレーションによって描きあげて行くため、全く同じものを描くことはできません。


そして、中心の梵字。
丸い円の中心には神の領域、仏の世界と申します。
そこに梵字を入れる事により、より神聖で強い曼陀羅となりましょう。
梵字とは、仏様そのものでございます。

曼陀羅を描き、梵字を入れさせて頂き、しかと浄化を済ませてからのお渡しとなりますので

御安心下さい。


また、この曼陀羅に精根込め、祈りを込め、描きあげてお届けまでが私の役目。
その後は、その曼陀羅に寄り添って、御自身の願いを祈願して頂ける事をお願い致します。
その為に、曼陀羅の中央の梵字、守護仏様のマントラ(真言)も、お渡し致します。

 

是非、マントラも唱えて頂けるとより一層の守護仏様のお力を授かれるでしょう。

御飾りする場所ですが、是非とも光に当たる場所、明るい場所に御飾り頂ければ、きらきらと輝き美しい光を発してくれるはずです。


光は、エネルギーの根源。
太陽光でなくてもよいのです。電気の光でもよろしいかと。
そして、ご自身の目に入るところが良いと思います。
願いが揺らぐとき、不安になった時こそ、曼陀羅が寄り添ってくれると信じております。

 

2017年

6月

16日

70th UFO CAP

ロズウェルUFO事件の70周年を記念して製作されたキャップです。

※1947年7月にアメリカのニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして世界的に有名になった事件。

 

側面のUFOの文字が、かなり人目を引くでしょう。

5180円(税込)
フリーサイズ

cotton 100%

 

販売ページ

http://www.mu-shop.net/SHOP/6181.html

http://www.mu-shop.net/SHOP/6182.html

2017年

3月

12日

鞍馬山とサナート・クマラ

3月7日大安に常連会で京都の鞍馬山に行ってきました。ここはサナート・クマラが600万年前に宇宙船から降り立ったとされる地で、お客様からも異界を垣間見たとかUFOを目撃したとの話を聞いています。世界的に広まったレイキ始まりの地としても知られています。

 

鞍馬駅に着くと吹雪でした。雪の重みで鼻が折れた天狗像、絆創膏を貼った写真が海外で大ウケしています。

 

 

山に入り始めると天候は急変し、一帯は晴れ渡りました。

 

 

金剛寿命院 瑞風庭の白砂盛は、護法魔王尊(サナート・クマラ)が降臨された際の乗り物「天車」と記載されています。

 

 

サナート・クマラが実際に降り立ち、飛び立った地点が、鞍馬寺の奥の院である魔王殿の本殿(小堂)です。手前から急に風が吹き始め、木がぶつかり合う音が異様な雰囲気でした。

 

 

下山途中に撮影した太陽から七色に光る高次元のエネルギー体が出現しました。五次元から九次元のレベルと思われます。

 

2017年

1月

10日

アンククロス

エジプトの様々な遺跡で目にする「アンク」は生命の鍵とされ、神々が握っている壁画も多く存在します。エジプト十字ともいわれており、銀や真鍮などの金属製です。

今回入荷した商品はアトランティス人がエジプトに持ち込んだとされるオリジナルのアンククロスです。(英国製)アトランティス人はその幾何学的な効果についての知識をエジプトに伝えたというのです。「アンククロス」は守護符やヒーリングの目的で使われました。

 

エジプト人は常に政治・支配的な力を欲しました。エジプトのヒエログリフ(象形文字)や神殿の装飾を見ると、エジプトの貴族たちが本来二本足だった「アンククロス」を一本足のアンクに変えてしまったことがわかります。

 

エジプトの博物館に行くと様々な違った種類のアンクを見ることができます。
そのアンクは「アンククロス」とは明らかに違うバイブレーションを持ちます。
アンクはパワーを作るために使われてきましたが、それはポジティブな使い方だけではありませんでした。

 

アンクはグリーンマイナス(ネガティブグリーン)の時として危険なエネルギーをベースとしていますが、それに反して、二本足の「アンククロス」はバランスされた黒と白のエネルギーを送り出します。(グリーンマイナスは何らかのエネルギーを弱めるために使うエネルギーです)「アンククロス」もアンクもともに、トップ部はグリーンプラス(ポジティブグリーン)を、そして東の方向にバイオレット、西の方向に赤のエネルギーを振動させます。

 

「アンククロス」は生命の象徴であり、男性性と女性性の統合、太陽と地球の関係を表します。アンクに対して、「アンククロス」はピュアなエネルギーでその機能を強めます。

「アンククロス」をお守りとして使えば、それは、人のエネルギーを強め同時に外的なエネルギーからパワフルに守ってくれます。

 

女性は左手、そして男性は右手で使います。エネルギー発生ディバイスとして使われ、サトルエネルギーにバランシングとハーモナイジングの効果をもたらします。

「アンククロス」を床に置いて使えば、ネガティブなサイキックエネルギーからのプロテクションに効果があります。壁に吊るして使えばエネルギーを部屋に放つ効果がありますが、他にも職場に使ったり、ベッドの下に使ったり、ヒーリングに使うこともできます。

 

「アンククロス」はあなたのエネルギーフィールドを強め、他人のエネルギーによるネガティブな影響から守ります。

 

※在庫限りの限定商品となります。

真鍮製アンククロス、純銀製ペンダントトップ
真鍮製アンククロス、純銀製ペンダントトップ

2016年

11月

04日

北海道の牧場で撮影されたUFO映像

北海道ご出身のお客様よりUFOの貴重な映像をご提供いただきましたので、公開させていただきました。この方はUFOを呼ぶことを特技とされており、釧路湿原から根室ノサップ岬に向かう途中の牧場で2014年8月23日に撮影されたそうです。

 

約1分間の映像をUFO出現前後の5秒間に編集しています。

男性の声も入っており、超高速で移動する黒い物体が無音であることがわかります。

 

下は黒い物体が空間から出現した直後のキャプチャ画像です。

2016年

8月

26日

パワーストーンの浄化祈祷

新潟県にパワーストーンの浄化祈祷をされている宮司がいらっしゃるということで行ってきました。新潟県は4786社の神社があり全国一ですが、2位の兵庫県が3859社ですから圧倒的な一位と言えるでしょう。

 

宮司さんは祝詞(のりと)の作成を一手に引き受けて来た中臣氏の末裔であることから、パワーストーン浄化の祝詞を作成され、それに則った祈祷をしていただきました。

 

パワーストーンは使っているうちに邪気がたまって害を及ぼすので、定期的に浄化することは半ば常識です。当店でも様々な浄化グッズが売れていますが、今回は神職による究極のパワーストーン浄化を行っていただきました。

 

下の写真は浄化祈祷の様子です。ブレスレットは店長の山崎が通勤時の邪気払いに使っている黒水晶と遠野の石、原石は紹介者のアメジストです。浄化後は不気味なほどの輝きを放っていました。

2016年

5月

21日

爆報!THE フライデー

昨夜、TBS「爆報!THE フライデー」で元特撮ヒーローがファンとの間に総額5000万円の借金トラブルを起こしていたことが放送されました。http://www.tbs.co.jp/tv/20160520_170D.html

 

実はこの番組に登場された元ファンの田中さん(仮名)は2月末に来店され、借金トラブルについての切実なお話をされていました。訴えようにも元特撮ヒーローの居所が数年前からつかめず、裁判所も調査しないので困っているとのことでした。

 

田中さんが遠野の石のブレスレット「イザナミ」を手にされるとアッと電撃が走った様子でした。医療従事者でもある方なのですが、生まれて初めての体験だそうです。この日は「イザナミ」を買って行かれました。

 

一週間後に田中さんから電話があり、なんと購入した翌日に裁判所から元特撮ヒーローの居所が判明したとの連絡があったそうです。この他にも思ったことが次々と現実化し、借金トラブルについてもテレビ放送にまで発展したのです。

 

岩手県の遠野は座敷童や雪女、河童伝説発祥の地であります。遠野の石にまつわる不思議な話はムーの誌面でも取り上げられており、当店人気ナンバーワンの石でもあります。是非一度、手に取っていただければ田中さんのように人生のスイッチが入るかもしれません。

 

遠野の石

http://www.mu-shop.net/SHOP/95154/list.html

翌週にはテレビ朝日「グッドモーニング」、翌々週にはフジテレビ「とくダネ!」でも元ファンの会長さんや田中さんが登場。手元にはイザナミがはっきりと映っていました。

2016年

4月

28日

分杭峠

4月27日に能力者(当店顧客)のグループとゼロ磁場のパワースポットで知られる長野県の「分杭峠」に行きました。熊本での一連の大地震は日本列島を縦断する中央構造線の最南端で起きておりますが、分杭峠も中央構造線上にあります。

 

昨年も複数回分杭峠を訪れていますが、今回はかなり強いエネルギーを感じた方が何人もいました。地球規模でみれば日本列島は小さな島です。400年前に熊本で大地震が起きた際には続いて小田原で大地震が起こったそうです。ここ分杭峠でも何か異変が起こりつつあるのかもしれません。

 

分杭峠のパワーグッズ

 

2016年

3月

24日

隕石ペンダント

隕石は芸能人の成功談がきっかけで静かなブームとなっています。ただ、原石のままで売られているのが大半なので、せっかくの「ごりやく」も身につけることができませんでした。今回、めずらしいペンダントタイプの隕石が入荷しました。

 

隕石は万能のパワーストーンであり、身につけることで全体的な運気を上げる、家庭円満、家内安全、恋愛運、金運、財運、仕事運、勝負運、学業運、健康運、癒し、魔除け、厄除け、周囲の邪気払い、気の流れを正して運気を向上させてくれると言われています。

写真左2個(12,000円)
カンポ・デル・シエロ隕石
1576年にアルゼンチンのチャコ州で発見された鉄隕石。

 

写真右2個(18,000円~)
ギベオン隕石
現在のナミビア・ハルダプ州で発見された鉄隕石で、約4億5千万年前に地球に落下したと考えられている。

2016年

2月

18日

何かが起こる?超常現象文具「月刊ムー公認文具」発売

学研ステイフルさんよりムーの公認文具が発売となりました。A5ノート、リングメモ、付箋、ブロックメモ、A4ファイル、缶バッジなど全部で20アイテムあります。

 

オフィスで使えば注目度間違いなしです。

追加生産はありませんので、売り切れの際はご容赦ください。

2016年

1月

01日

ナスカの猿石

新年明けましておめでとうございます。

 

今年は申年(さるどし)でムーのカレンダーを最初にめくるとナスカの地上絵に描かれた猿が登場します。

ナスカといえば店長が一昨年に現地のシャーマンから買い付けたナスカの石がありますが、猿の石も何個か含まれています。猿(申)は日本では山神の使いと信じられている縁起の干支ですが、ナスカの地上絵にも聖なる動物として描かれています。

1個5,000円
1個5,000円

2015年

12月

24日

テラヘルツ鉱石

ムーの誌面広告でもよく見かけるテラヘルツ鉱石が入荷しました。

1秒間に1兆回振動する周波数「テラヘルツ波」は遠赤外線から電波の間の領域に位置する電磁波です。歪んだ細胞のリズムを正常な状態へと働きかけ生命波動を高める鉱石として美容面や健康面などで近年注目されています。

 

以前はビーズ加工したものが主流でしたが、最近は原石が人気で品薄状態が続いています。
今回入荷の鉱石は何度も再結晶を繰り返してできた純度99%以上の高品質鉱石です。

グラム120円
グラム120円

2015年

10月

15日

スーパームーンの夜、店外にプラズマ型UFO出現

9月28日に不動樹里氏のセミナーをムーSHOPのはす向かいのビルで開催しました。終わって午後10時過ぎ、その夜はスーパームーンでした。大きな満月を不動樹里氏とアシスタント、店長山崎の3人で見上げていました。

 

なんと付近の上空を半透明の発光体がゆらゆらと飛び回っていたのです。店長の山崎があわててスマホで撮った写真が下の2枚です。肉眼では一つの光でしたが、写真では2つの光に分かれています。プラズマ型UFOと思われます。

 

2015年

10月

02日

地球上すべての生命波動を引き寄せるサンキャッチャー

3個入荷 税込10,000円
3個入荷 税込10,000円

 

ムー8月号のムーSHOP通信で紹介されましたフラワーオブライフのエナジーカードに続いて、新たにサンキャッチャーが制作されました。(高さ約50センチ)

 

静止画像なのでわかりませんが、プレートを回すと虹色の光が放射されてとても美しいです。クリスタルのサンキャッチャーは外の光から虹を作り出すことで、幸運を呼び込むヒーリングインテリアとされています。

 

このプレートの中央は神聖幾何学のフラワーオブライフです。世界中の古代遺跡で発見されていますが、古代エジプトのアビドス神殿では石柱に謎の熱線で焼き付けられています。立ち入り禁止ですが、お客様で実際に見た方がいらっしゃいます。銃を持った警護の兵士に囲まれて大変だったそうですが。

 

地球上にある全ての生命体の波動をプレートを通して受け取ることができるそうです。またレインボーカラーはチャクラに大きな影響を与えるとされており、ネガティブなエネルギーを取り除くと共にエネルギーの調和をはかるとされています。

2015年

9月

13日

今年も入荷しました。ホーリーバジル

ホーリーバジル(トゥルシー)は、インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダにおいて古くから神の化身とたたえられる聖なるハーブです。

※トゥルシー(サンスクリット語で比類なきものという意味)


本来生育しないはずの北海道で収穫されたものですが、能力者の方が栽培されているだけあって本国産のものより上質かつ甘い香りがします。


浄化力が高く周囲200メートルの魔を祓い磁場を整えるほどの電気的エネルギーを持つと言われています。玄関やお部屋、枕元など身のまわりにおいてください。

きっと心身が清められることでしょう。

 

インドでは次のように言われています。
「玄関にトゥルシーをかまえる家は聖地なり、死神の使者はかように家に入ること叶わず風はトゥルシーの香りを運びて、辺りを浄化す。」

40袋限定 1,000円(約10グラム)
40袋限定 1,000円(約10グラム)

2015年

8月

25日

岩手の神社で不思議な霊体が写り込む

ご夫妻の常連様が来店され、先週東北地方を旅行された際に撮られた不思議な写真を

ご提供いただきました。

場所は岩手県花巻市にある「丹内山神社」(タンナイサンジンジャ)8月17日のことです。

下の写真には中央付近に黒い縦長の影とその周りに白いモヤが写っています。

更にその下の写真(6秒後に撮影)では影らしきものとモヤが消えています。

 

一番下の写真は影を拡大したもので先端が円錐か三角帽にも見えますが、人間の形ではないようです。神社なので眷属(けんぞく)等、自然霊の類でしょうか。異次元の装置にも見えます。

撮影者のご主人いわく、ムー民谷のスナフキンに似ているとのこと・・・確かに(笑)

 

この神社には謎の縄文神「アラハバキ神」の巨岩がご神体として祀られており、七不思議が伝えられています。

 

2015年

8月

03日

縁起の良い白蛇の写真か!?

白蛇護符
白蛇護符

能力者系の常連様О氏がご来店され、とても不思議な写真を見せていただきました。

 

О氏の話によりますと7/28(火)に明治神宮に参拝、熱心にお参りされたそうです。その夜、髪の毛からプチプチと何かがはじけるような音とともに、うごめくような違和感があったそうです。

 

今も続いているそうですが、7/31(金)のブルームーンの日にО氏を撮影したのがこの三枚の写真です。О氏には白い蛇が頭の中から次々に生まれている感覚があるそうです。家系的にも大神大蛇伝説の子孫といわれる血筋だそうで蛇神様ともご縁が深いとのこと。


白蛇は財布などでもおなじみですが、弁財天の眷属で出世や金財運をもたらすとされています。居合わせた他のお客様にも福をふりまいていただきましたが、大変縁起の良い写真ですのでシェアさせていただきます。

2015年

7月

24日

ムーポーチ新作

Size:FREE(正三角錐 [1辺20cm] ハンドル部分15cm)
Quality:PVC
Color:レッド、ブルー、オレンジ、ホワイト、ライム(全色スケルトン)
Price:6,660yen(+tax 532yen)

数量限定のため売切れの際はご容赦ください。

通販サイトでも販売中!  http://www.mu-shop.net/SHOP/6660.html

涼しげなスケルトンロゴのクールデザイン

2015年

7月

10日

ダウジングのすべてを知る男、来日

ダウジングの本場、英国ダウザー協会前会長グラム・ガートナー氏が来日されたのでワークショップに参加してきました。

 

ムーSHOPではダウジングに使うペンデュラムが圧倒的な人気商品で今年だけでも1000個以上の販売実績があります。ダウジングセミナーも昨秋開催しています。詳細はココ

 

お客様に教える機会が最も多い商品なので、さらに本場のダウジングテクニックを学んできました。

 

かなり充実した内容でとても書ききれませんが、米軍のダウジングインストラクターが地雷除去の訓練を行っているビデオが上映されました。ベトナムやイラクでも実戦に使われています。

 

ダウジングテクニックとはいってもヨーロッパはエソテリック(秘教的)な要素を取り入れているのに対し、アメリカやカナダは水脈発見が主なのでそれらを排除しているということでした。

 

最近ではもっぱらジオパシックストレス(電磁波の予防)にダウジングが用いられているとのことです。

携帯電話やWi-Fiから発生する有害な電磁波は自然界の1000倍を超える強さで、人体の免疫システムを破壊し癌を代表する様々な病気の原因になっているということです。

 

ゲストには東大病院の稲葉俊郎先生も出席され、ダウジングと医療についての意見交換も行われました。昔コンクリートのない時代は、植物の生育状態で良い土地と悪い土地の見分けがついたが、コンクリートに覆われた現代の都市ではその見分けがつかないためダウジングで判断することができるということでした。

 

最後の話はとても面白いです。

以前、フランスで駐車しておいた車に戻るのに場所がわからなくなったことがあるそうです。その時はフランス人、日本人、ガートナー氏と三人のダウザーが一緒でした。日本人ダウザーはGPSを使って車に戻ることができたそうですが、沼地に入って大変だったそうです。

一方彼らはダウジングを使って沼地を通ることなく車に戻れたそうです。

ダウジングとはそういうものだということでした。

 

SHOP INFO

104-0061
東京都中央区銀座7ー13ー1

ステージ銀座3F

TEL 03-6278-7971

営業時間 11:00~18:30
定休日 水曜日、臨時休業

メールマガジン(不定期配信)