曼荼羅アート

曼荼羅アート作家、華曼荼羅(はなまんだら)氏の点描曼荼羅を展示販売しています。

テーマは「干支」

これらの作品は自動書記によって描かれているため、同じ作品は二度と描けないそうです。

実物は写真以上の美しさで、見るだけ不思議な力をいただける作品です。

 

38,880円(税込)

作家プロフィール

華曼荼羅(はなまんだら): 東京都中央区在住。生死の境をさまよう大病を経て、平成28年10月に月読尊が夢枕に立つ。「天命天職を全うせよ。命尽きたとき待っておるぞ。」との啓示を受け、光の珠をハートチャクラに授かる。
以後、自動書記による曼荼羅を描きはじめる。精緻かつ不思議な力を発する曼荼羅画が評判となり、人々からの依頼も多く精力的に創作活動を行っている。

 

作家コメント

 

点描梵字曼陀羅について

 

線ではなく、点で描く曼陀羅。
この意味は、「点」を「天」としての表現で描く。
一点一点に想いを込めて、私の祈り、エネルギーを込め
描いております。

曼陀羅のデザインや、配色はは、その時の「感覚」、インスピレーションによって描きあげて行くため、全く同じものを描くことはできません。


そして、中心の梵字。
丸い円の中心には神の領域、仏の世界と申します。
そこに梵字を入れる事により、より神聖で強い曼陀羅となりましょう。
梵字とは、仏様そのものでございます。

曼陀羅を描き、梵字を入れさせて頂き、しかと浄化を済ませてからのお渡しとなりますので

御安心下さい。


また、この曼陀羅に精根込め、祈りを込め、描きあげてお届けまでが私の役目。
その後は、その曼陀羅に寄り添って、御自身の願いを祈願して頂ける事をお願い致します。
その為に、曼陀羅の中央の梵字、守護仏様のマントラ(真言)も、お渡し致します。

 

是非、マントラも唱えて頂けるとより一層の守護仏様のお力を授かれるでしょう。

御飾りする場所ですが、是非とも光に当たる場所、明るい場所に御飾り頂ければ、きらきらと輝き美しい光を発してくれるはずです。


光は、エネルギーの根源。
太陽光でなくてもよいのです。電気の光でもよろしいかと。
そして、ご自身の目に入るところが良いと思います。
願いが揺らぐとき、不安になった時こそ、曼陀羅が寄り添ってくれると信じております。

 

SHOP INFO

104-0061
東京都中央区銀座7ー13ー1

ステージ銀座3F

TEL 03-6278-7971

営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜日

各種クレジットカード利用可

メールマガジン(不定期配信)